タカギクラヴィアのピアノは,コンサートやレコーディングだけでなく,TV,映画などですでに4000回を越えるステージの実績を残しています。
8月24日(金)中村太地ヴァイオリンリサイタル
824tanakas.jpg

2017年ブラームス国際コンクール《ヴァイオリン部門》日本人初の優勝を飾った
モスクワ、ウィーンの流派を汲む、若きヴァイオリン界の新星!

中村大地 ヴァイオリンリサイタル
(ピアノ:江口玲)



テレビマンユニオン所属の中村太地が下記の通り、関係者向けコンサートを行います。
いつも応援いただいてる皆様には限定50席をご用意致します。
お早めにお求めください。

なお、公演終演後にはレセプションを行います。
軽食とお飲物をご用意いたします。
中村太地と交流いただけたらと思います。
よろしくお願い申し上げます。


【日時】2018年8月24日(金)18時開演
    レセプションは20時から

【会場】タカギクラヴィア 松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)
    JR・東横線・地下鉄「渋谷駅」より徒歩10分/京王井の頭線「神泉駅」より徒歩3分
【料金】4,000円  限定50席

こちらのチケットは、すべて当日精算扱いとなります。
事前のお振込みやチケットの送付はございませんので、ご了承ください。

●チケットは 【SHOPPING】 から、ご購入いただけます。
 お問い合わせはタカギクラヴィアまで tel.03-3770-9611


【プログラム】

モーツァルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ K.301
ブラームス:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第2番 Op.100
クライスラー:前奏曲とアレグロ、ウィーン奇想曲
イザイ:サン=サーンスのワルツ形式の練習曲によるカプリース

 *プログラムは変更になる可能性がございます。


【プロフィール】

福岡県北九州市出身、3歳よりヴァイオリンを始める。
2017年に日本人初優勝を果たしたブラームス国際コンクールを始め、直後に行われたリピツァー国際コンクールでも第3位入賞を果たしたほか、これまでに若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクール(最年少ファイナリスト)、ハチャトゥリアン国際音楽コンクール、クライスラー国際コンクールなど権威ある国際コンクールにて多数入賞及び特別賞受賞。ブルガリアで行われたシメオノヴァ国際コンクール優勝後には審査委員長A.スタンコフ氏にその才能を認められ,直後にソフィアフィルハーモニー管弦楽団とベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を共演し、ヨーロッパデビューを果たす。

モスクワやウィーンの流派を汲み、これまでにアナスタシア・チェボタリョーワ氏や渡欧後はウィーン国立音楽大学にてミヒャエル・フリッシェンシュラガー氏に師事。

これまでに九州交響楽団、名古屋フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク交響楽団、クラーゲンフルトフィルハーモニー管弦楽団、ソフィアフィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア・ジェルノグルシュカなど多数のオーケストラ及び、大山平一郎、故佐藤功太郎、渡辺一正、曽我大介、S.スムバチャン、A.スタンコフ各氏と共演するほか、フィンランド・クフモ室内楽音楽祭にアーティストとして招かれるなど、ヨーロッパと日本を中心に活動中。2016年度北九州市民文化奨励賞受賞。2018年より株式会社スターフライヤーと音楽家として初となるスポンサー契約を結び、輸送支援を受けている。



2018/06/06(Wed) 20:42:12 update
« Back |  NEWS TOP  | Next »